Ryohei MIURA三浦 良平 [Electronical engineer]

 

Ryohei MIURA三浦 良平 [Electronical engineer]

Why did you choose to do an MBA? / なぜMBA?
私はインフラ系企業のエンジニアをしており、社費派遣で来ています。私の会社も他の日本企業の例に漏れず、海外事業の拡大を模索しています。私はこれからの自社の海外事業を推し進めたいと考えており、そのために短期的なスパンで海外事業のマネージャー、長期的なスパンでは海外事業の投資計画の意思決定を担う経営の一翼になりたいと考えています。技術職は基本的には技術力で活躍すべき職種ですが、私が掲げた目標を達成するには単なる技術力だけでなく、異文化理解、コミュニケーション能力や強力なリーダーシップ、さらには適切な投資判断のためのデータ解析能力や企業金融の理解など、技術力以外の素養を高めることも重要です。多様性豊かで優秀な生徒と切磋琢磨するMBAの学びがこれらの能力の研鑽に最も適していると考え、海外MBAを志望しました。

What are the main benefits of the EDHEC Global MBA? / EDHECに来てよかったこと
3点あると考えています。まず第1が多様なクラスメイトに出会えたこと。EDHEC Global MBAは全生徒が80人程度の少人数のプログラムであるのにかかわらず30か国以上の国から構成されています。EDHECは授業の課題を4~5人のチームで取り組むことが多いのですが、私の場合はチームメンバーが国は違うのはもちろん、大陸すらかぶっていないという多様さでした。多様性に富んだチームでの仕事は難しい部分もありますが、異文化理解という意味では多くの学びがあります。第2は授業のカリキュラムです。授業の内容や課題は実践的なものが多く、大変ながら多くの学びがあります。一例として、コーチングの授業では座学の時間は半分以下で、残り半分は実際にコーチングを行う時間に充てられます。もちろん最初はうまくいきませんが、実際に試すというのは単なる座学の何倍もの学びや気づきがありました。また生徒自身が選べる選択科目もあり、生徒ごとに異なる学びを得ることができます。最後はやはりニースというこの土地のすばらしさです。晴れの日が多く、すごしやすい気候で自然も豊か。都市機能も十分備え非常に快適に過ごすことができます。

What is your plan after MBA? / 今後の展望
MBA取得後は所属する企業に戻ります。配属先が必ずしも海外事業に携わる部署になるとは限りませんが、どこの配属になったとしてもMBAの過程で学んだものは活かせますので、仕事に戻るのが楽しみです。

 

What would you say to someone considering the EDHEC MBA? / メッセージ
海外MBAを目指すのは体力的、精神的、さらには経済的にも非常にタフですが、挑戦するだけの価値はあります。キャリアアップ、またはキャリアチェンジをしたい人、多様な学生の中で勉強したい人、ニースに来たい人、来る理由は何でもアリです。面白そうだと思った人はぜひ一歩踏み出してみてください!